印鑑にもいろいろあって区別が大変

認め印の違い

銀行印は金融機関において使用するモノに対して、実印は、法律のうえで本人を証明するためのモノです。銀行印とは違い、実印は、 不動産の取引や遺産相続、保険金、保証金の受理など様々なシーンにおいて活用されるものです。自動車の購入や家のローンを組むときにも、責任を証明するものとして、実印が利用されることになります。

銀行印と実印、それぞれを混乱させている人たちも、同一視している人たちもいるようですが、あきらかに違いがあり、 どちらも重要な役割を持っていることを知る必要があります。そして同時に銀行印と認め印の違いについても理解する必要があります。

銀行印よりも日常生活においてもっと使用頻度が高いものが認め印です。会社の社内文書における署名にも認め印は使用され、宅急便の荷物の受取りの時にも使用されます。どなたも安易にたいていは一本持っているものです。

認め印が何かといえば、 印鑑登録をしていないはんこのことを言います。実印として認識をしているものの、それが印鑑登録をしてないという場合には、そのはんこは認め印に過ぎず、そして、銀行印という認識しているものの、金融機関に登録がなければ認め印に過ぎないのです。

実印って何……?

印鑑には銀行印と実印というものがあります。銀行印と実印の区別がつかないという人たちも多くいます。実印とは、そもそもどのような印鑑のことを言うのでしょうか。実印は、住民登録をしている市町村の役所に印鑑登録を行なったはんこです。

高価な印鑑を購入して、実印と思っている人たちも多くいますが、住民登録をしている市町村の役所に印鑑登録を行なったはんこでなければ実印という呼び方をしません。申請が受理されれば、高価な印鑑でなくても実印と呼んでもいいのです。

安価な印鑑でも実印になりうるとは言うものの、 各市町村に細かな規定があるため全ての印鑑が実印として登録できる訳ではありません。一般的にいう、実印とは、印影のサイズが8mm以上~25mm以内の正方形の中に収まるものに対して、そう呼ぶようです。

シャチハタやゴム印でもいいのではと思うのかもしれません。シャチハタやゴム印でも印鑑といえば印鑑なのですが、シャチハタやゴム印程度のものは陰影が変化しやすい素材であり、実印として利用することができないようです。規定に合ってさへいれば、素材や形などは基本的に自由に選択することができます。銀行印との違い、印鑑の持つ役割の違いについてしっかり理解してください。

悪用されないか

印鑑の中でも、お金に直結しているという意味では、大事なハンコなので、認め印、実印などというものとの共有はできる限り控えた方がいいかもしれません。

認め印という存在こそが一番使用するものであり、人目に晒される機会も多くあり、偽装されるリスクも多く抱えてしまうことになります。やっぱり、銀行印は安易には扱ってはならないものなのです。あなたの財産を守るものが銀行印と言ってもいいのです。

どのような方法で管理すれば悪用されないかということについても私達は日常生活において真剣に考えていかなければなりません。銀行印の理想はといえば、それぞれの銀行にそれぞれの銀行印を用意することです。しかし、果たして多くの人たちにそのようなことまでができているでしょうか。

しかし、慎重に様々な銀行印を用意した人たちは、いざ使用するときにどこの銀行にどの銀行印かということが全然判らないという緊急事態が起こってしまうかもしれません。 でも、最近では、はんこ屋さんでいろいろカラフルな印鑑も購入することができますので、色で区別するというのも方法です。管理の方法ならいくらだって私達は見付けることができるはずです。

木材だけではなく、金属製の印鑑など購入してみるのも方法の一つです。

印鑑とは何銀行印

印鑑を購入して銀行印とするときには果たしてどのような点に注意をしなければならないのでしょうか。そもそも、銀行印というものにどの程度の把握をしてますか?銀行印と実印は何が違うのでしょう……。多くの人たちが金融機関を利用しているため、銀行印と無関係だという人たちはいないでしょう。しかし、そのようなモノに対して無関心という人たちは多くいます。

銀行で使用するモノが銀行印です。そこまでは、誰でも理解することができます。ちょっと難しい言い方をして定義について触れれば、それは金融機関の預貯金口座の開設、そして金銭の出納の際に使用するモノです。銀行には、いろいろと厳しい規定が存在しているようですが、別に法律によって、それが厳しく定められているということではありません。簡単に言ってしまえば、銀行の口座を開設するときに、同時登録をしなければならないハンコのことです。

銀行取引印や銀行届出印という言い方もしますが、同じものです。しかし、もちろん私達は銀行印を安易に扱うことはできません。なぜなら、銀行印とは、お金と直結しているモノとも言えるからです。そして、銀行印によって、その銀行に口座を持っている本人として証明がされることになります。

銀行印でなくてもサインでもいいのかもしれません。しかし、日本の場合、この銀行印を重んじているケースがほとんどのようです。家賃や公共料金などの口座引き落としのときだってそれを使用しなければなりません。